近鉄の特急ひのとりプレミアム車両に乗ってみた!バックシェル採用のシートが快適
拡大する(全14枚)


2020年3月から大阪難波・近鉄名古屋間を約2時間で結んでいる、近畿日本鉄道の特急ひのとり。

これまでの近鉄のイメージを刷新するメタリックレッドの車体は格好良く、ゴージャスなプレミアム車両も話題になので、鉄道ファンでなくても一度は乗ってみたくなります。

近鉄の特急ひのとりプレミアム車両に乗ってみた!バックシェル採用のシートが快適


先日、筆者は近鉄名古屋から大阪難波まで特急ひのとりに乗ってきました。初めての乗車ということでプレミアム車両を予約。ネットから好きな車両と席を選んで予約できるので、もちろん先頭車両を選びました。

なお、ひのとりは、2021年7月2日までは「1か月前の同日から予約可能」でしたが、7月3日から現在のところ「2週間前の同曜日から予約可能」となっています。先頭車両の前のほうに座りたい場合は早めの予約がおすすめです。

近鉄の特急ひのとりプレミアム車両に乗ってみた!バックシェル採用のシートが快適


ひのとりは6両編成と8両編成があり、どちらの場合も先頭車と最後尾の車両がプレミアム車両、それ以外(中間)がレギュラー車両となっています。

筆者が乗ったひのとりは6両編成だったため、1号車と6号車がプレミアム車両でしたが、近鉄名古屋から大阪難波へ向かうときは6号車が先頭車、大阪難波から近鉄名古屋へ向かうときは1号車が先頭車というように、反対になるのでご注意ください。

近鉄の特急ひのとりプレミアム車両に乗ってみた!バックシェル採用のシートが快適


プレミアム車両は、普通の車両よりも床が一段高くなった「ハイデッカー」と呼ばれる構造です。床が高いので、窓からの景色がより楽しめます。

近鉄の特急ひのとりプレミアム車両に乗ってみた!バックシェル採用のシートが快適


目線が運転士よりも高く、前方のガラス越しに景色やすれ違う列車がよく見えるのもポイント。

この記事の画像

「近鉄の特急ひのとりプレミアム車両に乗ってみた!バックシェル採用のシートが快適」の画像1 「近鉄の特急ひのとりプレミアム車両に乗ってみた!バックシェル採用のシートが快適」の画像2 「近鉄の特急ひのとりプレミアム車両に乗ってみた!バックシェル採用のシートが快適」の画像3 「近鉄の特急ひのとりプレミアム車両に乗ってみた!バックシェル採用のシートが快適」の画像4
「近鉄の特急ひのとりプレミアム車両に乗ってみた!バックシェル採用のシートが快適」の画像5 「近鉄の特急ひのとりプレミアム車両に乗ってみた!バックシェル採用のシートが快適」の画像6 「近鉄の特急ひのとりプレミアム車両に乗ってみた!バックシェル採用のシートが快適」の画像7 「近鉄の特急ひのとりプレミアム車両に乗ってみた!バックシェル採用のシートが快適」の画像8
「近鉄の特急ひのとりプレミアム車両に乗ってみた!バックシェル採用のシートが快適」の画像9 「近鉄の特急ひのとりプレミアム車両に乗ってみた!バックシェル採用のシートが快適」の画像10 「近鉄の特急ひのとりプレミアム車両に乗ってみた!バックシェル採用のシートが快適」の画像11 「近鉄の特急ひのとりプレミアム車両に乗ってみた!バックシェル採用のシートが快適」の画像12
「近鉄の特急ひのとりプレミアム車両に乗ってみた!バックシェル採用のシートが快適」の画像13 「近鉄の特急ひのとりプレミアム車両に乗ってみた!バックシェル採用のシートが快適」の画像14