【世界遺産】ローマのシンボルコロッセオ、剣闘士が命をかけて戦いを繰り広げた場所

世界遺産の宝庫とも言われているイタリア。登録されている世界遺産の数は51か所と、世界一の件数を誇っています。

そんな世界遺産の1つが、ローマにあるコロッセオ。世界史の授業でもおなじみの、あの円形競技場です。

【世界遺産】ローマのシンボルコロッセオ、剣闘士が命をかけて戦いを繰り広げた場所


コロッセオは80年に完成した建物で、周囲が527メートル、高さは48メートルあります。下から見上げるとその巨大さが際立ちますが、この巨大な建物を建設するのにかかった歳月はたったの5年。約2000年前の人々が5年でこんなに立派な建造物を作り上げたとは驚きです。

【世界遺産】ローマのシンボルコロッセオ、剣闘士が命をかけて戦いを繰り広げた場所


【世界遺産】ローマのシンボルコロッセオ、剣闘士が命をかけて戦いを繰り広げた場所


コロッセオはローマ市民の娯楽のための施設として建設されましたが、その裏には娯楽を提供してローマ市民からの人気を得ようとする皇帝の思惑がありました。つまり皇帝はローマ市民からの支持を得る事で、自らの権力を強固なものにしようと目論んでいたのです。

約5万人を収容できるこの競技場では、剣闘士同士や剣闘士と猛獣の命を掛けた戦いが日々行われてきました。完成式典として開催されたイベントは100日間も続き、そのあいだに数多くの剣闘士と猛獣が戦いで命を落としたのです。

【世界遺産】ローマのシンボルコロッセオ、剣闘士が命をかけて戦いを繰り広げた場所


剣闘士として戦っていたのは奴隷や捕虜となった人々や犯罪者。その他にも自ら志願して剣闘士になった人もいました。

【世界遺産】ローマのシンボルコロッセオ、剣闘士が命をかけて戦いを繰り広げた場所


どちらかの命が尽きるまで戦い続けるという過酷な状況と、それを見て熱狂するローマ市民。市民のための娯楽とはいえ、そのような事がここで行われていたのかと考えると、おもわず身震いをしてしまいます。

あわせて読みたい

気になるキーワード

GOTRIP!の記事をもっと見る 2017年4月5日のトラベル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。