まるで宮殿!世界遺産の壮麗な市庁舎とローラント像は自由都市・ブレーメンの宝物

「ブレーメンの音楽隊」であまりにも有名な北ドイツの都市、ブレーメン。しかし、この街に世界遺産があることは意外と知られていないのではないでしょうか。

世界遺産に登録されている建造物が、旧市街の中心・マルクト広場に面して建つ市庁舎とその向かいにたたずむローラント像。ブレーメンが自由ハンザ都市として栄華を極めた時代の空気を今に伝える、「ブレーメンの顔」ともいえる存在です。

まるで宮殿!世界遺産の壮麗な市庁舎とローラント像は自由都市・ブレーメンの宝物


1405年から1410年にかけて建設された市庁舎は、北ドイツで最も重要な建築物のひとつ。全体としてはゴシック様式ですが、マルクト広場に面した正面部分は200年後に北ドイツ独特のヴェーザー・ルネッサンス様式で増築されました。

まるで宮殿!世界遺産の壮麗な市庁舎とローラント像は自由都市・ブレーメンの宝物


マルクト広場から市庁舎のファサードを見上げると、無数の精巧な彫刻で彩られたその豪華絢爛ぶりに圧倒されます。当時のブレーメンがいかに力をもつ都市であったのかが一目瞭然ですね。

まるで宮殿!世界遺産の壮麗な市庁舎とローラント像は自由都市・ブレーメンの宝物


まるで宮殿!世界遺産の壮麗な市庁舎とローラント像は自由都市・ブレーメンの宝物


市庁舎の前に立つローラント像は、ブレーメンの自由と平和のシンボル。台座や天蓋を合わせると、その高さは10.21メートルに達し、中世に造られたものとしてはドイツで最大の自立式彫像です。

まるで宮殿!世界遺産の壮麗な市庁舎とローラント像は自由都市・ブレーメンの宝物


この像が街に立つ限り、ブレーメンは自由都市でいられるといわれていて、第2次世界大戦下では、市民が市庁舎とローラント像の周りに囲いを設置して戦火から守ったという逸話もあります。

市庁舎とローラント像が世界遺産に登録されたのは2004年のことですが、それよりもずっと前から街の誇りとして大切にされていたのですね。なんといっても、現在もブレーメン州の正式名称は「自由ハンザ都市ブレーメン」なのです。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 世界遺産 日本
  2. 世界遺産 長崎
GOTRIP!の記事をもっと見る 2017年7月14日のトラベル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「世界遺産 + 日本」のおすすめ記事

「世界遺産 + 日本」のおすすめ記事をもっと見る

「世界遺産 + 長崎」のおすすめ記事

「世界遺産 + 長崎」のおすすめ記事をもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。