リトアニアの首都にあるもう一つの国!?「ウジュピス共和国」に行ってみた

リトアニアの首都ヴィリニュス。世界遺産にも登録されている旧市街で有名ですが、実はこの街の一画に一風変わった「共和国」があります。

それが、旧市街の東に広がる「ウジュピス共和国」。

リトアニアの首都にあるもう一つの国!?「ウジュピス共和国」に行ってみた


共和国とはいっても正式に国家として認めているわけではなく、あくまでもリトアニアの一部ですが、ウジュピス共和国の独立記念日である毎年4月1日には検問が実施され、パスポートがないと「入国」できないのだとか。

独立記念日がエイプリルフールというところが、なんともジョークっぽい感じがしますね。

「ウジュピス」とは「川向こう」の意味。ヴィリニャ川によって旧市街と隔てられており、旧市街から川に架かる5つの橋を渡ってウジュピス共和国に入ることができます。

リトアニアの首都にあるもう一つの国!?「ウジュピス共和国」に行ってみた


メインとなる入口が、マイロニオ通りに面して建つロシア正教教会の近くに架かっている橋。そこには「ウジュピス共和国」の看板が掲げられていて、ここから先は別世界なのだということをアピールしています。

リトアニアの首都にあるもう一つの国!?「ウジュピス共和国」に行ってみた


橋には多くのカップルが愛を誓い合った証である、南京錠がずらりと並んでいます。

リトアニアの首都にあるもう一つの国!?「ウジュピス共和国」に行ってみた


ヴィリニャ川のほとりには、見つけらたら幸せになれるという「ウジュピスの人魚像」も隠れています。橋を行き来するときは、人魚の姿を探すのをお忘れなく。

リトアニアの首都にあるもう一つの国!?「ウジュピス共和国」に行ってみた


現在ウジュピス共和国となっているこの地区はもともと、15世紀ごろから労働者や職人たちが住み始めた場所で、16世紀に2つの橋が架けられるまでは、旧市街とは隔絶された存在でした。その後も旧市街の発展からは置き去りにされるような形で時が流れ、しだいにうらぶれた雰囲気が生まれていきました。...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

GOTRIP!の記事をもっと見る 2017年8月4日のトラベル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。