掛川城公園内にある伝統的な数寄屋造りの二の丸茶室で掛川産抹茶と生菓子を楽しむ

掛川城公園内にある伝統的な数寄屋造りの二の丸茶室で掛川産抹茶と生菓子を楽しむ


静岡県掛川市にある掛川城は、室町時代中期の文明年間に守護大名・今川義忠が、重臣の朝比奈泰煕に命じて築城されたと言われており、その後、山内一豊が城の大改修を行ったことで有名。

現在の天守は1994年に再建されたもので、日本初の木造復元天守として知られています。

その掛川城の周辺には、掛川城御殿(国重要文化財)、二の丸茶室、二の丸美術館、竹の丸、大日本報徳社など、歴史を感じられる建造物が数多くありますが、今回はその一つである二の丸茶室を紹介します。

掛川城公園内にある伝統的な数寄屋造りの二の丸茶室で掛川産抹茶と生菓子を楽しむ


二の丸茶室は掛川城公園内にある、木造平屋建て一文字葺の伝統的な数寄屋造りの建物で、景観と調和した趣のある茶室。平成14年3月に建てられ、今年(2017年)で15年になります。

掛川城公園内にある伝統的な数寄屋造りの二の丸茶室で掛川産抹茶と生菓子を楽しむ


庭園や掛川城御殿を眺めながらゆったりとお茶を楽しむことができると、掛川城見物の観光客はもちろん、地元住民にも人気。

掛川城公園内にある伝統的な数寄屋造りの二の丸茶室で掛川産抹茶と生菓子を楽しむ


入口にある受付で呈茶サービスを含む入館料(個人は一般510円、中学生以下250円)を支払うと、庭園を望む10畳の広間に案内してもらえます。

掛川城公園内にある伝統的な数寄屋造りの二の丸茶室で掛川産抹茶と生菓子を楽しむ


大きな窓ガラス越しに美しい姿を見せてくれる緑の庭園。

掛川城公園内にある伝統的な数寄屋造りの二の丸茶室で掛川産抹茶と生菓子を楽しむ


とても静かで、ゆったりと時間が流れているようです。

掛川城公園内にある伝統的な数寄屋造りの二の丸茶室で掛川産抹茶と生菓子を楽しむ


ほどなくして、生菓子が運ばれてきました。この日の生菓子は、隣にある二の丸美術館で開催中の特別展示『黄金の茶室と現代美術の粋』にちなんだ、金箔を施した「おりなす」という生菓子。

掛川城公園内にある伝統的な数寄屋造りの二の丸茶室で掛川産抹茶と生菓子を楽しむ


織物のような色のグラデーションと、中央にあしらわれた金箔が美しいです。

あわせて読みたい

GOTRIP!の記事をもっと見る 2017年8月16日のトラベル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。