スパイ映画の世界ではないKGBの所業がここに、リトアニア・ヴィリニュスのKGB博物館

スパイ映画の世界ではないKGBの所業がここに、リトアニア・ヴィリニュスのKGB博物館
       
中世の面影を残す旧市街がまるごと世界遺産に登録されているリトアニアの首都、ヴィリニュス。

いまや世界各地から多くの旅行者が訪れる美しく穏やかな町ですが、ヴィリニュスにはリトアニアの辛く苦しい時代を象徴するようなスポットがあります。

それが、ヴィリニュスの新市街に位置する「KGB博物館」。

スパイ映画の世界ではないKGBの所業がここに、リトアニア・ヴ...の画像はこちら >>


KGBとはそう、「泣く子も黙る」という旧ソ連の秘密警察(秘密謀報機関 NKVD、のちにKGB)のことです。

・大国に蹂躙され続けた小国・リトアニア

スパイ映画の世界ではないKGBの所業がここに、リトアニア・ヴィリニュスのKGB博物館


現在はEUの一員として多くの観光客を受け入れているリトアニアですが、リトアニアにとって20世紀はまさに暗黒の時代でした。

リトアニアが最初に独立したのは1920年のこと。バルト三国(エストニア・ラトビア・リトアニア)を支配していたロシア帝国の崩壊に乗じた独立でしたが、自由は長くは続きませんでした。1940年、バルト三国はソ連に占領され、多くの人々がシベリアに追放されました。

第二次世界大戦下の1941年、バルト三国はナチス・ドイツによる占領を受け、その後、1944年にはソ連による再占領を受けます。以来、1991年に独立の回復を果たすまで、ソ連の一部として苦難の時代を歩むのです。

・KGBの本部だったKGB博物館

スパイ映画の世界ではないKGBの所業がここに、リトアニア・ヴィリニュスのKGB博物館


新市街のゲディミノ大通りに面した大きな白い建物が、現在はKGB博物館として使われている建物。ソ連時代の1940年から1991年の約50年間にわたって、実際にKGBの本部が置かれていた建物です。

あわせて読みたい

GOTRIP!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「世界遺産」に関する記事

「世界遺産」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「世界遺産」の記事

次に読みたい「世界遺産」の記事をもっと見る

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年12月2日のトラベル記事

キーワード一覧

  1. 世界遺産 日本
  2. 世界遺産 長崎

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。