首都は世界遺産のIT大国、バルト三国のエストニアってどんな国?

フィンランドのヘルシンキから日帰り旅行ができることから、近年人気急上昇中のエストニア。

とはいえ、日本ではまだまだ馴染みが薄く「どんな国なのか具体的なイメージがわかない」という人も多いことでしょう。今気になる北ヨーロッパの国、エストニアの基本知識をご紹介します。

・エストニア基礎知識

首都は世界遺産のIT大国、バルト三国のエストニアってどんな国?


「バルト三国」と呼ばれるエストニア・ラトビア・リトアニアのうち、最も北に位置するのがエストニア共和国。バルト海を挟んでフィンランドと向かい合っています。

面積は、北海道の約60パーセントにあたる4万5227平方キロメートル、人口はおよそ132万人という小国です。

主要民族は人口の69.1パーセントを占めるエストニア人で、次いでロシア人が24.8パーセント、ほかにウクライナ人やベラルーシ人、フィンランド人などが共生しています。

公用語はエストニア語で、おもな宗教はキリスト教。エストニア人のほとんどがプロテスタントですが、ロシア系住民のなかにはロシア正教を信仰する人も少なくありません。

かつてはロシア帝国やソ連などの支配下に置かれましたが、1991年に独立を回復。2004年にはEU(ヨーロッパ連合)に加盟し、ヨーロッパの一員として再出発を果たしました。通貨はEUの共通通貨であるユーロが使用されています。

・IT先進国

首都は世界遺産のIT大国、バルト三国のエストニアってどんな国?


実はエストニアは「eストニア」というあだ名が付くほどのIT先進国。「Skype(スカイプ)」発祥の地であり、外国からのIT企業の進出も盛んです。

あわせて読みたい

気になるキーワード

GOTRIP!の記事をもっと見る 2018年5月13日のトラベル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。