モナコ大公が集めた世紀の名車が集結、マニアならずとも必見の「レニエ公クラシックカーコレクション」

南仏コート・ダジュール地方の町、ニースとマントンのあいだに位置するモナコ公国。

世界で2番目に小さいミニ国家であるものの、「地中海の宝石」と呼ばれる美しい風景に加え、カジノや高級ホテルが建ち並ぶこの町は、セレブ御用達の高級リゾートとしてその名を馳せています。

モナコ大公が集めた世紀の名車が集結、マニアならずとも必見の「レニエ公クラシックカーコレクション」


F1世界選手権「モナコ・グランプリ」が開かれ、町なかではセレブの高級車が当たり前のように走っているモナコ。車好きなら大興奮間違いなしのこの国にぴったりのミュージアムが、「レニエ公クラシックカーコレクション」です。

モナコ大公が集めた世紀の名車が集結、マニアならずとも必見の「レニエ公クラシックカーコレクション」


世界に自動車博物館は数あれど、この博物館が特別なのは、ここに展示されている車がレニエ3世のプライベートコレクションであるということ。

レニエ3世は2005年に他界したモナコの前大公で、ハリウッド女優として人気絶頂だったグレース・ケリーをモナコ公妃に迎えたことで世界中から注目を浴びました。

大変な車好きとしても有名で、このミュージアムはレニエ3世が30年以上をかけて個人的に収集した車をコレクションの中心としています。

モナコ大公が集めた世紀の名車が集結、マニアならずとも必見の「レニエ公クラシックカーコレクション」


レニエ3世のコレクションに加え、シャルル3世やアルベール1世、ルイ2世など、ほかの公族によるコレクションも加わり、4000平米の空間に100台以上の自動車と馬車が展示されています。

モナコ大公が集めた世紀の名車が集結、マニアならずとも必見の「レニエ公クラシックカーコレクション」


「レニエ公クラシックカーコレクション」の名の通り、コレクションの中核をなすのは、ヨーロッパやアメリカのクラシックカーの数々。展示されている車はどれもピカピカに磨き上げられていて、一台一台に魂が吹き込まれているかのようです。

あわせて読みたい

GOTRIP!の記事をもっと見る 2018年5月18日のトラベル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。