カラフルな木組みと数々の伝説 / ドイツの町、ヘッペンハイムで伝説の世界に迷い込んでみよう!

フランクフルトから南へ行った場所に位置する低山地オーデンヴァルト(Odenwald)。日本ではまだほとんど無名に近いこの地域ですが、「これぞドイツの旧市街」と言いたくなるような可愛い町が点在する場所でもあります。

今回ご紹介するヘッペンハイム(Heppenheim)もそんな旧市街ファンを唸らせる町のひとつ。葡萄畑の麓に構える旧市街では、まるで現代の物とは思えない歴史ある可愛らしい街並みが、訪れる者を伝説の世界へ誘います。
カラフルな木組みと数々の伝説 / ドイツの町、ヘッペンハイムで伝説の世界に迷い込んでみよう!
ヘッペンハイムの顔とも言えるのが、その歴史は1551年にまで遡るという市庁舎。18世紀初頭には現在のようなバロック式の木組みの家に生まれ変わりました。比較的最近である2004年に改修されたばかりで、色あいがとても鮮やかです。
カラフルな木組みと数々の伝説 / ドイツの町、ヘッペンハイムで伝説の世界に迷い込んでみよう!
塔に付いている大きな時計は仕掛け時計になっているので、タイミングが合えば仕掛けが動く様子も見ることができます。
カラフルな木組みと数々の伝説 / ドイツの町、ヘッペンハイムで伝説の世界に迷い込んでみよう!
マルクト広場には他にもツーリストインフォがあるほか、カフェも何件かあります。筆者が訪れたのは2月の寒い時期でしたが、夏になると広場にテーブルが出され、多くの人で賑わうのだそう。こんな可愛らしい広場でカフェタイムだなんてとても贅沢ですね。
カラフルな木組みと数々の伝説 / ドイツの町、ヘッペンハイムで伝説の世界に迷い込んでみよう!
ヘッペンハイムの町を歩いていて目を引くのが、150ヶ所以上もの場所に設置されている絵付きの街灯。この地方に伝わる伝説が描かれており、街灯の下の部分には絵の解説があります。
カラフルな木組みと数々の伝説 / ドイツの町、ヘッペンハイムで伝説の世界に迷い込んでみよう!
ドイツの伝説にはまだ詳しくない筆者ですが、唯一分かったのは「ニーベルンゲンの歌」のシーンを描いたもの。泉で水を飲んでいるジークフリートを重臣ハーゲンが背後から暗殺する場面が描かれています。

あわせて読みたい

GOTRIP!の記事をもっと見る 2018年8月10日のトラベル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。