ここは本当にロンドンなのか…白亜に輝くヨーロッパ初の伝統的ヒンズー寺院「スワミナラヤン・マンディール」

かつてイギリスの植民地であったインドから多くの人々がイギリスへ移住したことから、ロンドンをはじめイギリス全土には今でも多くのインド系移民が暮らしています。
大抵どの街にもインド料理のレストランや持ち帰り専門店が存在し、本格的インド料理を堪能することができます。

ここは本当にロンドンなのか…白亜に輝くヨーロッパ初の伝統的ヒンズー寺院「スワミナラヤン・マンディール」


本国インドでは人口の約80パーセントが信仰しているとされているヒンズー教。当然イギリスにも小さなコミュニティー・センター様のヒンズー教の宗教施設から、本格的ヒンズー寺院まで多くの関連施設が存在し、ヒンズー教徒たちの信仰の支えとなっています。

今回ご紹介するのは北ロンドンに位置する、伝統的ヒンズー建築によって建てられたヨーロッパ初のヒンズー寺院「スワミナラヤン・マンディール(BAPS Shri Swaminarayan Mandir)」。

「Shri Swaminarayan」は「聖スワミナラヤン」、「Mandir」は「寺院」を意味し、ヒンズー教の聖人であるバグワン・スワミナラヤン派の寺院です。

ここは本当にロンドンなのか…白亜に輝くヨーロッパ初の伝統的ヒンズー寺院「スワミナラヤン・マンディール」


1995年8月に開院したこちらの寺院。公式ウェブサイトによると、かつては伝統的技法により建てられたインド国外最大のヒンズー寺院として、ギネスブックにも認定されていたのだとか。

地名にちなんで通称「ニーズデン・テンプル(Neasden Temple)」と呼ばれ、ヒンズー教徒以外の観光客にも門戸を開く開放的な雰囲気です。

ここは本当にロンドンなのか…白亜に輝くヨーロッパ初の伝統的ヒンズー寺院「スワミナラヤン・マンディール」


最寄り駅の「ニーズデン(Neasden)」からは徒歩20分。近くにはIKEAがあります。ニーズデン駅の隣駅で、サッカーの大きな試合が開催される「ウェンブリー・スタジアム(Wembley Stadium)」の最寄り駅である「ウェンブリー・パーク(Wembley Park)」からは寺院までバスが通っています。

あわせて読みたい

気になるキーワード

GOTRIP!の記事をもっと見る 2018年6月2日のトラベル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「アメリカ」のニュース

次に読みたい関連記事「アメリカ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「フランス」のニュース

次に読みたい関連記事「フランス」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ドイツ」のニュース

次に読みたい関連記事「ドイツ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。