第2次世界大戦時に奇跡が起こった世界第3のドーム教会、マルタ島中北部モスタにあるモスタ教会を訪ねて

マルタ島中北部、モスタと呼ばれる人口2万人ほどの町に、世界屈指の規模を誇るドーム教会があります。

それが、ローマのパンテオンをモデルにして、1860年に建てられたモスタ教会。

第2次世界大戦時に奇跡が起こった世界第3のドーム教会、マルタ島中北部モスタにあるモスタ教会を訪ねて


ドーム部分の外側の直径は、54.86メートル、ファサードの最も高い部分は74.37メートルに達し、内部空間に支柱のないドーム教会としては、ヴァチカンのサン・ピエトロ大聖堂、ロンドンのセント・ポール大聖堂に次いで、世界で3番目に大きな教会とされています。

第2次世界大戦時に奇跡が起こった世界第3のドーム教会、マルタ島中北部モスタにあるモスタ教会を訪ねて


設計を手がけたのは、マルタの建築家ジョージ・デ・ヴァッセ。

モスタの人口が増え、それまであった教会では手狭になったことから、大規模な新しい教会の建設計画が持ち上がりました。教会の建設にあたっては、とりわけ日曜や祝日には、男も女も、老いも若きも、モスタの人々が自ら手を貸して、教会の建設を助けたとか。教会建設の資金も、町の人々の寄付によって賄われました。

モスタはもともと敬虔なキリスト教徒が多かった地域で、16世紀の半ばには、116世帯に対して12もの礼拝堂があったといいます。モスタの人々の信心深さは、モスタ教会の建設にも発揮されました。

第2次世界大戦時に奇跡が起こった世界第3のドーム教会、マルタ島中北部モスタにあるモスタ教会を訪ねて


モスタ教会へのアクセスは、首都ヴァレッタから41番、42番、44番バスで約30分。スリーマからは、202番、203番のバスでおよそ40分です。

観光客でにぎわうヴァレッタやスリーマに比べ、のんびりとしたローカルな風情が漂うモスタの町。そんななかにあって、巨大なドーム教会の存在感は圧倒的です。

あわせて読みたい

GOTRIP!の記事をもっと見る 2018年6月27日のトラベル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。