東西が混じり合う風景が美しい、ジョージアの首都・トビリシの旧市街を歩く

南コーカサスの一角を占める歴史ある国、ジョージア。

「ジョージア」とはあまり聞きなれない国名ですが、日本における以前の呼称は「グルジア」。こちらのほうに聞き覚えがある人も多いかもしれませんね。

ジョージアからの要請を受け、日本でも2015年に「グルジア」から「ジョージア」へと国名の呼称変更が行われました。

そんなジョージアの首都が、南東部に位置するトビリシ。

東西が混じり合う風景が美しい、ジョージアの首都・トビリシの旧市街を歩く


世界一周者以外でジョージアを訪れる日本人は少なく、首都のトビリシも日本ではマイナーな存在ですが、ヨーロッパでは人気の観光地となっています。

トビリシの魅力は、初めてなのにどこかなつかしい、ノスタルジックな風景と穏やかな雰囲気。物価が安いことも手伝って、居心地の良さからついつい長期滞在してしまうという人が多い町なのです。

東西が混じり合う風景が美しい、ジョージアの首都・トビリシの旧市街を歩く


トビリシのなにが旅人たちを惹きつけるのか。トビリシ観光の目玉となる、旧市街を歩いてその魅力を発見してみましょう。

100万以上の人口を抱えるトビリシは、ヨーロッパとしてはかなり大きな都市ですが、旧市街の見どころはコンパクトにまとまっており、徒歩で周ることが可能。19世紀の古い町並みが残る旧市街は、トビリシ南部、メテヒ教会をほぼ中心としたムトゥクヴァリ川の東西に広がっています。

東西が混じり合う風景が美しい、ジョージアの首都・トビリシの旧市街を歩く


旧市街のランドマークは、4世紀のペルシャ時代に建造がはじまったというナリカラ要塞。

東西が混じり合う風景が美しい、ジョージアの首都・トビリシの旧市街を歩く


現在はなかば廃墟のようになっていますが、トビリシ市街を一望できる絶好のビュースポットとして人気を集めています。旧市街を見下ろす高台に位置しているものの、リケ公園からロープウェイが開通し、アクセスも便利。

あわせて読みたい

GOTRIP!の記事をもっと見る 2018年10月6日のトラベル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。