これぞ関西の味! 老舗で楽しむ出汁のきいた伝統のおでん

これぞ大阪! 長い間庶民とともに歩んできたおでん

これぞ関西の味! 老舗で楽しむ出汁のきいた伝統のおでん

大阪「中津駅」から歩いてすぐのところにある「かんさいだき本家 常夜燈(じょうやとう)」。瓦屋根にのれんという風情ある店構えです。店の前には「ここのスタッフは大阪弁しかしゃべれまへん」と書かれた看板が置かれ、大阪らしいユーモアいっぱいに人々を迎えてくれます。

テーブル席の奥にカウンター席が配された店内。カウンター席から見えるグツグツとおいしそうな音をたてるおでんに食欲を刺激されます。

昔から、天下の台所として独特の食文化を発展させてきた大阪。創業は終戦と同じ昭和20年。以来、大阪庶民の味として、愛され続ける名店です。

何にしようか迷ってしまうほど! お得な昼の定食

これぞ関西の味! 老舗で楽しむ出汁のきいた伝統のおでん

おいしそうなおでんの香りに包まれる店内では、何を食べようか迷ってしまうほどです。お昼にお店を訪れるなら、「昼定食」がおすすめ。種類豊富なおでんのなかから4品選べる定食です。

す巻や海老しんじょうなどの練り物は、お店でイチから作られています。大根は丹後の農家から、海老芋は静岡の磐田から仕入れるこだわり。何を選んでもハズレのないおいしさです。

シメまで美味しい! 出汁を楽しめる「ちゃめし」

これぞ関西の味! 老舗で楽しむ出汁のきいた伝統のおでん

おでんを楽しんだ後は、シメの「ちゃめし」が外せません。おでんの出汁で炊いたご飯の上にさらに出汁をかけ、仕上げにたっぷりの海苔とゴマをかけていただく、シンプルかつ贅沢な料理です。

おでん具材のうまみが溶けだした出汁の染みたご飯は、温かくやさしい味。創業当初より守り続けてきた伝統の味を、最後の一滴まで楽しむことができます。

親しみやすい味に隠された、創業以来のたゆまぬ努力

これぞ関西の味! 老舗で楽しむ出汁のきいた伝統のおでん

「かんさいだき本家 常夜燈」のおでんには、多彩な具材が並びます。定番の大根や卵から、お店で手作りされている練り物、シュウマイなどの変わり種まで。豊富なラインナップは、何度お店を訪れてもお客さまを飽きさせない魅力のひとつになっています。

野菜など、素材をそのまま調理するもの以外は、すべて手作り。親しみやすい料理ながら、その陰にはたゆまぬ努力と、手間ひまを惜しまない職人技が隠されています。

「かんさいだき本家 常夜燈」は、OsakaMetro御堂筋線の「中津駅」が最寄り。1番出口から徒歩5分の場所にあります。関西といえば、たこ焼きお好み焼きを連想しがちですが、出汁も大阪の食文化を代表するもののひとつ。一度は訪れたい関西の名店です。

スポット情報

  • スポット名:かんさいだき本家 常夜燈
  • 住所:大阪府大阪市北区豊崎2-8-14
  • 電話番号:06-6371-1115

あわせて読みたい

気になるキーワード

LeTRONCの記事をもっと見る 2019年3月13日のグルメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「オムライス」のニュース

次に読みたい関連記事「オムライス」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「唐揚げ」のニュース

次に読みたい関連記事「唐揚げ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「おにぎり」のニュース

次に読みたい関連記事「おにぎり」のニュースをもっと見る

新着トピックス

グルメニュースアクセスランキング

グルメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

SNSで話題のグルメなどおいしい情報をお届け中。