3,000発の花火が横浜港を彩る「横浜スパークリングトワイライト2018」

3,000発の花火が横浜港を彩る「横浜スパークリングトワイライト2018」

赤レンガ倉庫など観光スポットとしても人気のある横浜で、2018年も「横浜スパークリングトワイライト2018」が開かれます。

今回は、パレードやステージライブ、レストランによる出店など、さまざまなイベントと合わせて楽しめる花火大会の見どころをご紹介します。事前にチェックしてぜひ、会場へ足を運んでくださいね。

「横浜スパークリングトワイライト2018」の概要

期間

2018年7月14日(土)・15日(日)

時間

19:30~20:00(※イベントは11:30~20:15)

実施会場

神奈川県横浜市中区/山下公園前海上

打ち上げ数

約3,000発

前年集客数

約600,000人(イベント全体)

雨天中止または延期の場合

荒天時は中止

アクセス

みなとみらい線「元町・中華街駅」4番出口 徒歩3分

駐車場

会場には駐車場はありません。

トイレ情報

会場内には多数のトイレがあります。

主催者

横浜スパークリングトワイライト実行委員会

「横浜スパークリングトワイライト2018」の見どころ

3,000発の花火が横浜港を彩る「横浜スパークリングトワイライト2018」

“海”と“港”に親しむ場を、との想いが込められた花火大会

2018年で7回目の開催を迎える「横浜スパークリングトワイライト2018」は、横浜に“海”と“港”に親しむ場を作りたい、という想いからスタートしました。

シップパレード

「シップパレード」は、みなとまち横浜ならではのパフォーマンス。
「横浜港で働く船のパレード」や「シーカヤックパレード」など、さまざまな船の魅力を学べます。

あわせて読みたい

記事提供社から

この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。