なくしてみたら快適に!キッチンに置くのをやめたもの

キッチンで使うモノは、毎日の家事にかかせない必需品だからと、ついつい増えてしまいがちです。実は、なくても困らなかったり、別のもので代用できたりして、案外なくしても困らなかった!というモノも多いようです。今回は、ユーザーさんの実例から、なくしてみたら快適になったモノをご紹介します。



シンクからなくしてみたら、とっても快適に

いつもピカピカにしておきたい、シンク。でもゴミ箱や洗剤、スポンジ、洗った食器を置く水切りかごなど、シンクのまわりには意外とモノが多いですよね。掃除もマメにしていないと、すぐにカビやヌメリが出てしまいます。まずは、シンクまわりの小物を置かないようにしたら快適になったという、実例からご紹介します。


■三角コーナーを置かずに清潔を保つ工夫

なくしてみたら快適に!キッチンに置くのをやめたもの
撮影:so.chan1002さん


こちらのユーザーさんはシンクに三角コーナーは使わないそうで、クラフト紙を箱型に折ったものを、シンクのゴミ入れとして使われています。ちゃんと自立しますし、そのままゴミ箱へ捨てられるので、掃除の手間も省けますね。シンクにゴミを流さないので、排水溝や排水管が汚れることもないそうですよ。


■排水溝カバーをなくしたらより清潔に

なくしてみたら快適に!キッチンに置くのをやめたもの
撮影:tirolさん


この真っ白で清潔感あふれるシンクから、排水溝カバーなどをなくしたそうです。カバーがないと、中の汚れが見えて不快ではないかと心配したそうですが、実際は逆に見えているからこそ、毎回掃除をして清潔を保てるようになったそうです!「あたりまえ」という思い込みをなくしたら快適になった、素晴らしいアイデアです。


あわせて読みたい

気になるキーワード

RoomClip magの記事をもっと見る 2019年6月13日のライフスタイル記事

次に読みたい関連記事「インテリア」のニュース

次に読みたい関連記事「インテリア」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。