UEFA、PSG対マンU戦のVARの判定を支持

UEFA、PSG対マンU戦のVARの判定を支持
拡大する(全1枚)
ファンと喜び合うマンチェスター・ユナイテッド  写真提供:GettyImages

 欧州サッカー連盟(UEFA)が先日行われたチャンピオンズリーグのパリ・サンジェルマン対マンチェスター・ユナイテッド戦でのVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の判定を支持した。

 この試合の後半アディショナルタイムにVARの判定でプレスネル・キンペンベのハンドリングが認められ、PKを献上。結局、このPKを決められてしまい、アウェイゴールでユナイテッドに上回られ、PSGは3年連続のベスト16敗退に終わった。

 この判定にブラジル代表FWネイマールは「後ろを向いてどうやってハンドをするんだ」と怒りをあらわにするなど話題になった。

 しかし、この判定にUEFAは「今回のシュートはハンドするまで距離もあり、ディフェンダーの腕が体の近くになかった」と今回の判定を支持する声明を発表した。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

FOOTBALL TRIBEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク