V・ファーレン長崎、ルヴァンカップ札幌戦で終了間際にPK失敗も手倉森監督は手応え掴む

V・ファーレン長崎、ルヴァンカップ札幌戦で終了間際にPK失敗も手倉森監督は手応え掴む
V・ファーレン長崎手倉森誠監督 写真提供:GetttyImages

 V・ファーレン長崎の手倉森誠監督はJ1リーグで好調にある北海道コンサドーレ札幌を相手に善戦したことに手応えを感じているようだ。

 北海道コンサドーレ札幌のホーム・札幌ドームで13日夜に行われたYBCルヴァンカップ第2節では前半にV・ファーレン長崎が前線から再三にわたりプレスを仕掛け決定機を演出。

 後半はコンサドーレがポゼッションを図る時間帯が長くなったものの、カウンターから決定機を作り先制点を匂わせると、試合終了間際にPK獲得に成功。

 ただこのPKではFW畑潤基がキッカーを務めたものの、ほぼ真ん中のコースをGK菅野孝憲に脚で止められ、惜しくも先制ゴールとはならず勝ち点1の獲得にとどまっている。

 それでもチームを率いる手倉森誠監督は試合後の記者会見にて「(ルヴァンカップ)開幕節で劇的な勝利を収めたチームとしてそれを継続しようという話をした。全員が攻撃的にプレーしているので、耐えるところはしっかりと耐えて、仕掛けるところで仕掛けられた」と時間帯に応じて狙い通りのプレーを見せたことを評価。

 またPKによる先制点のチャンスを逃した場面については「最後のPKをもらった場面では勝ち点3への欲が出た。外した畑は前回(開幕節・湘南ベルマーレ戦)で勝ち点3をもたらしてくれた」と畑を責めることなく、同選手の仕事ぶりを称えている。

 そして最後に手倉森監督は「アウェイで勝ち点1をとれたということで良しとして、リーグ戦に繋げていく仕事を今日のメンバーはやってくれた」と語っており、今週末に控える好調・ヴァンフォーレ甲府との一戦への収穫点を語った。

 今季もJ1リーグで上位躍進が大いに期待される北海道コンサドーレ札幌に対してアウェイの地でドローで終えたことはチームにとって自信になるに違いない。昨季J1リーグで善戦した身として、ここまでのルヴァンカップ2試合でもJ1勢相手に好勝負を演じていると言っても過言ではない。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. コンサドーレ札幌 移籍
FOOTBALL TRIBEの記事をもっと見る 2019年3月14日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「コンサドーレ札幌 + 移籍」のおすすめ記事

「コンサドーレ札幌 + 移籍」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「清水エスパルス」のニュース

次に読みたい関連記事「清水エスパルス」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ファジアーノ岡山」のニュース

次に読みたい関連記事「ファジアーノ岡山」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。