セリエAの熾烈なCL争い。出場権獲得の可能性を残す5クラブ

セリエAの熾烈なCL争い。出場権獲得の可能性を残す5クラブ

 1位ユベントス、2位ナポリは順位を確定しつつあるが、3位以降は大混戦となっているセリエA。3位インテルから7位ローマの勝ち点差は6と、ひしめき合っている。今回は、そんなセリエAでチャンピオンズリーグ(CL)出場に向け可能性を残す5クラブをご紹介する。

セリエAの熾烈なCL争い。出場権獲得の可能性を残す5クラブ

インテル

順位:3位

勝ち点:53

5クラブの中で、現状最もCLに近いのがインテルだ。マウロ・イカルディとのごたごたの中で同胞のラウタロ・マルティネスがチャンスをつかみ、ミラノダービーにも勝利した。

ただ、やはりイカルディを取り巻く周囲の反応や、クラブ内でのゴタゴタは不安要素。クルヴァ・ノルドもCL出場権よりも、イカルディの放出を優先すべきという声明を発表し、話題となった。そして、残す9試合の中に、ユベントス、ローマ、アタランタ、ナポリと強豪との試合を控えている点も、不安要素。イカルディなしで、CL出場権獲得を目指す必要がある。

セリエAの熾烈なCL争い。出場権獲得の可能性を残す5クラブ

ミラン

順位:4位

勝ち点:52

インテルの後に続くのがミランだ。クシシュトフ・ピョンテクとルーカス・パケタを獲得して以降、攻守にわたって好調を維持し、一時は3位にも浮上した。しかし、ここに来て大ブレーキを迎えている。問題はエースのピョンテクにボールが入らないこと。スソは不調で、チャルハノールもいまいち。サンプドリア戦を1-0で落とすと、ジェンナーロ・ガットゥーゾ監督はパケタをトップ下に置いた2トップを採用した。

結果としてこの采配は正解だったが、チームはリードを守り切れず、2つの勝ち点を取りこぼした。また、この試合で新たな問題も生まれた。ジャンルイジ・ドンナルンマ、ルーカス・パケタ、ケシエが負傷。スソの負傷で欠いており、ユベントスはこれらの中心選手抜きで戦うことが予想されている。ここからが踏ん張りどころだ。


あわせて読みたい

FOOTBALL TRIBEの記事をもっと見る 2019年4月3日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。