選手兼監督を務めた錚々たるメンバー!コンパニも仲間入り

選手兼監督を務めた錚々たるメンバー!コンパニも仲間入り

 

マンチェスター・シティからの退団を発表したバンサン・コンパニが、ベルギー1部のアンデルレヒトで選手兼任監督に就任することを発表した。そこで今回は、これまで選手兼任監督を務めたことがある一部の著名なサッカー選手をご紹介したい。

選手兼監督を務めた錚々たるメンバー!コンパニも仲間入り

ケニー・ダルグリッシュ

まずは数少ない選手兼監督の成功例であるダルグリッシュをご紹介したい。1977年から13年間、リバプールの選手としてプレーし、6度のリーグ優勝と3度の欧州制覇に貢献。通算515試合出場、339得点を記録した。1985年以降は選手兼監督となり、1986年にはクラブ初となるリーグとカップの2冠に導いている。監督を務めた6年間で、リバプールはリーグの最終順位が2位以下になったことはなかった。クラブが最後にリーグ優勝を果たした1990年を含め、さらに2度のリーグタイトルとFAカップを手にした。

選手兼監督を務めた錚々たるメンバー!コンパニも仲間入り

サミュエル・エトー

バルセロナ、インテルなどで数々の栄光を手にした元カメルーン代表のストライカーも選手兼監督を経験。2015年、アンタルヤスポルへ移籍したエトーだが、チームの低迷により監督がシーズン途中に退任。新監督が決まるまでという条件でクラブから選手兼監督を依頼され、引き受けている。

選手兼監督を務めた錚々たるメンバー!コンパニも仲間入り

ジェンナーロ・ガットゥーゾ

現在ミランを率いているガットゥーゾ監督も指導者キャリアは選手兼監督としてスタートさせた。2012年にスイスのシオンでシーズン途中から選手兼監督に就任。しかし、リーグ戦10試合で2勝4分4敗の勝ち点11と全く成績を残せず。11試合目に0-5と大敗を喫し、解任されてしまった。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. マンチェスター・シティ 監督
FOOTBALL TRIBEの記事をもっと見る 2019年5月19日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「マンチェスター・シティ + 監督」のおすすめ記事

「マンチェスター・シティ + 監督」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「トッテナム」のニュース

次に読みたい関連記事「トッテナム」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「アトレティコ・マドリード」のニュース

次に読みたい関連記事「アトレティコ・マドリード」のニュースをもっと見る

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。