昨年夏、移籍の噂が過熱するも残留した選手たち

昨年夏、移籍の噂が過熱するも残留した選手たち

 2018-19シーズンも終わりを迎え、今年も夏の移籍市場が開幕した。すでにレアル・マドリードが積極補強に動くなど、各クラブが来シーズン成功を収めるために試行錯誤を続けている。

 そんな中、アトレティコ・マドリードのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンが退団を表明。昨年夏にバルセロナからのオファーがありながらアトレティコ残留を決断した同選手の退団宣言に驚かされた人は多いだろう。

 そこで今回は昨年夏の移籍市場で移籍の噂が過熱するも実現しなかった一部の選手たちをご紹介する。

昨年夏、移籍の噂が過熱するも残留した選手たち

1 ルカ・モドリッチ

 レアル・マドリードのクロアチア代表MFルカ・モドリッチ。2017-18シーズンではUEFAチャンピオンズリーグの3連覇に貢献。昨年夏にはロシアワールドカップでチームを準優勝へ導く活躍を見せ、大会MVPにも輝いた。

 そんなモドリッチは、昨年夏インテル移籍の噂が過熱。当初はモドリッチがインテル移籍を希望したと報じられたが、マドリードはポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドをユベントスに売却した背景もあり、モドリッチ売却を断固拒否。

 その後、マドリードが契約内容の改善に動くとモドリッチは残留を明言。長い間、契約延長合意に近づいていると報じられている。

昨年夏、移籍の噂が過熱するも残留した選手たち

2 ポール・ポグバ

 今年の夏もレアル・マドリード行きの噂が報じられているマンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバ。昨年夏にはバルセロナやユベントスからの強い関心が報じられていた。


あわせて読みたい

気になるキーワード

FOOTBALL TRIBEの記事をもっと見る 2019年6月11日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「トニ・クロース」のニュース

次に読みたい関連記事「トニ・クロース」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ディエゴ・フォルラン」のニュース

次に読みたい関連記事「ディエゴ・フォルラン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「山口蛍」のニュース

次に読みたい関連記事「山口蛍」のニュースをもっと見る

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。