第15節で見えてきた、コンサドーレが抱える強みと課題

第15節で見えてきた、コンサドーレが抱える強みと課題

著者:菊池大将

2週間の中断期間が明け、Jリーグが再開。コンサドーレ札幌は敵地、等々力陸上競技場に乗り込んで第15節の川崎フロンターレ戦を戦った。PKで先制した札幌だったが、その後に追加点は奪えず。後半に小林悠にゴールを許し1-1のドローで終えている。今回は、第15節で見えてきた札幌の強みと課題を、ここまでのリーグ戦を踏まえてご紹介する。

第15節で見えてきた、コンサドーレが抱える強みと課題

鈴木武蔵のシャドー起用

この試合で途中出場を果たしたが、負傷離脱を続けていたアンデルソン・ロペスの穴を埋めるというのは札幌の大きな課題だった。これまでの札幌は荒野拓馬やルーカス・フェルナンデスをシャドーのポジションで起用するなど、多くの試行をおこなった。ただ、荒野では攻撃時に、ルーカスでは守備時に問題が発生し課題は残り続けた。

第15節の札幌は、その課題だったポジションに鈴木武蔵を起用した。これにより、第13節などで見せた攻撃時と守備時でシャドーの枚数を変える守り方は、以前より機能したと言えるだろう。もともとストライカーの選手なので、ポジションの入れ替えを苦にする場面は少なかったように感じる。

ただ、役割という点では変更があってよいかもしれない。相手のセットプレー時など前線に残ったのは鈴木だった。しかし、ボールをキープしきれずに回収される場面は少なくなかった。キープとボールの逃げ場の役割をチャナティップ・ソングラシンと入れ替えて良いだろう。

第15節で見えてきた、コンサドーレが抱える強みと課題

ビルドアップをどこに逃がすか


あわせて読みたい

気になるキーワード

FOOTBALL TRIBEの記事をもっと見る 2019年6月14日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「京都サンガF.C.」のニュース

次に読みたい関連記事「京都サンガF.C.」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「V・ファーレン長崎」のニュース

次に読みたい関連記事「V・ファーレン長崎」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「アルビレックス新潟」のニュース

次に読みたい関連記事「アルビレックス新潟」のニュースをもっと見る

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。