リーガからプレミアへ?移籍が浮上する5名の大物選手

リーガからプレミアへ?移籍が浮上する5名の大物選手

欧州主要リーグはシーズンオフとなり、コパ・アメリカなど国際親善試合が行われる時期となった。だが、欧州クラブのサポーターにとっては、代表戦よりも補強の動向の方が気になるのではないだろうか。そこで今回は、英紙『フォー・フォー・ツー』が選んだ「来季、ラ・リーガからプレミアリーグへ移籍ししそうな選手」をご紹介したい。

リーガからプレミアへ?移籍が浮上する5名の大物選手

マキシ・ゴメス

所属:セルタ・デ・ビーゴ

2017年にセルタへ加入したマキシ・ゴメスは、今シーズンのリーグ戦で35試合出場、13ゴール、5アシストと好成績を残し、一気に評価を高めた。契約解除条項が5000万ユーロと高額に設定されており、獲得は決して容易ではないが、トッテナム・ホットスパー、ウェストハム・ユナイテッドなどが獲得に興味を示しているという。

リーガからプレミアへ?移籍が浮上する5名の大物選手

マリオ・エルモソ

所属:エスパニョール

エスパニョールの躍進に貢献した24歳のディフェンダーだ。レアル・マドリードのBチームから昨季移籍すると、今季はマドリードへの復帰が噂されるほどの好パフォーマンスを披露。昨年11月にはUEFAネーションズリーグに臨むスペイン代表に招集された。古巣のレアル・マドリードだけではなく、スペイン人指揮官ウナイ・エメリが率いるアーセナルも獲得に興味を示しているとみられ、今夏にもオファーを送る可能性があると報じられている。

リーガからプレミアへ?移籍が浮上する5名の大物選手

ジュニオル・フィルポ

所属:レアル・ベティス

左サイドで見事な攻撃力を発揮したウイングバック(サイドバック)にマンチェスター・ユナイテッドが興味を示しているようだ。ジュニオルは昨夏、ベティスと2023年まで契約延長しており、契約解除金は4400万ポンドまで引き上げられたと報じられている。だが、ベティスは財源確保のために選手の売却が必要とみられており、ユナイテッドは4400万ポンド以下でジュニオルを獲得できる可能性があるようだ。


あわせて読みたい

気になるキーワード

FOOTBALL TRIBEの記事をもっと見る 2019年6月20日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。