マンCがマグワイアの獲得にこだわるのは、あるルールが影響していた…

マンCがマグワイアの獲得にこだわるのは、あるルールが影響していた…
ハリー・マグワイア 写真提供:GettyImages

 マンチェスター・シティレスター・シティのイングランド代表DFハリー・マグワイア獲得にこだわるのは、プレミアリーグのあるルールが影響しているようだ。25日、英メディア『スカイ・スポーツ』が主張している。

 DF史上最高額となる8000万ポンド(約109億3000万円)の移籍金でマグワイアの獲得に動いているとされるシティ。しかし、戦力の充実している同クラブのこの動きは不自然ではないかという声も少なくない。しかし、この動きにはある理由があるようだ。

 それがプレミアリーグで10年前から適用されたホーム・グロウン(homegrown)ルールだ。25人のスカッドの内、8枠はホームグロウン選手しか登録できないというものだ。ホームグロウンの定義は21歳までにイギリス、およびウェールズのクラブで3シーズン以上在籍したことのある選手となっている。

 現在、シティのスカッドにホームグロウン選手は4選手のみ(ジョン・ストーンズ、カイル・ウォーカー、ファビアン・デルフ、ラヒーム・スターリング)。ということは、現在のシティは実質的に21人のスカッドで戦っていることになる。現在のシティがホームグロウンではない選手を獲得するには、現在所属しているホームグロウンではない選手を放出しなければいけないのだ。

 そして、現在シティが抱える問題としてデルフ退団の可能性がある。ホームグロウン選手のデルフが退団した場合、現状のシティは20人のスカッドで戦わなければいけない。これを解決するには、ホームグロウン選手を獲得するしかない。シティがアヤックスのオランダ代表DFマタイス・デ・リフトの獲得に動けないのも、このルールによって動きが制限されているからだろう。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. マンチェスター・シティ 監督
FOOTBALL TRIBEの記事をもっと見る 2019年6月25日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「マンチェスター・シティ + 監督」のおすすめ記事

「マンチェスター・シティ + 監督」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「トッテナム」のニュース

次に読みたい関連記事「トッテナム」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「アトレティコ・マドリード」のニュース

次に読みたい関連記事「アトレティコ・マドリード」のニュースをもっと見る

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。