ベニテスの中国でのキャリアがスタート!中国クラブでの監督経験を持つ指揮官8選

ベニテスの中国でのキャリアがスタート!中国クラブでの監督経験を持つ指揮官8選

2日に発表されたラファエル・ベニテス氏の大連一方監督就任。かつて、リバプールやナポリ、レアル・マドリードといった名門を率いた名将の、中国での新たなキャリアがスタートした。

豊富な資金力を武器に、スター選手や実績十分の監督をチームに招いている中国のクラブ。これまでに多くの名将が中国で指揮を執ってきた。今回は欧州から中国に活躍の場を移した8名の指揮官をご紹介する。

ベニテスの中国でのキャリアがスタート!中国クラブでの監督経験を持つ指揮官8選

ファビオ・カペッロ

中国での指揮クラブ:江蘇蘇寧(2017年6月~2018年3月)

過去指揮クラブ:ミラン、レアル・マドリード、ローマ、ユベントス、イングランド代表、ロシア代表
獲得タイトル:セリエA(7回)、リーガ(2回)、チャンピオンズリーグ 他

カペッロ監督は「優勝請負人」として確固たる地位を築いた名将だ。90年代にミランで黄金時代を築き上げ、以後レアル・マドリー、ローマ、ユベントスでリーグ優勝を成し遂げた。

ベニテスの中国でのキャリアがスタート!中国クラブでの監督経験を持つ指揮官8選

フェリックス・マガト

中国での指揮クラブ:山東魯能(2016年6月~2017年11月)

過去指揮クラブ:バイエルン・ミュンヘン、ボルフスブルク、シャルケ 他
獲得タイトル:ブンデスリーガ(3回)、DFBポカール(2回) 他

マガト監督は鬼軍曹として有名で、ボルフスブルクを優勝に導いた名将でもある。日本代表MF長谷部誠も所属したボルフスブルクを2008/2009シーズンにブンデスリーガ優勝に導いた。その後もシャルケでチャンピオンズリーグ(CL)ベスト4進出を果たすなど、好成績を残している。


あわせて読みたい

FOOTBALL TRIBEの記事をもっと見る 2019年7月8日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。