ベイルはゴルフじゃない!?他競技でも抜群のセンスを発揮した5選手

ベイルはゴルフじゃない!?他競技でも抜群のセンスを発揮した5選手

サッカー選手の中には、サッカー以外でも才能を発揮する選手が少なくない。経営者として成功する選手や政治家として成功する選手。複数の才能に恵まれた選手たちは、それぞれの分野で活躍を見せている。今回ご紹介するのは、サッカー以外のスポーツで才能を発揮した選手たち。意外な過去に驚くかもしれない。

ベイルはゴルフじゃない!?他競技でも抜群のセンスを発揮した5選手

フィリップ・ネビル

フィル・ネビルには子供のころからクリケットの才能があったようだ。U-15チームのキャプテンを務めていたこともあるという。兄のガリーはそんな弟について「弟が好きじゃなければ、まちがいなくクリケットの選手になっただろう」と語っている。

ベイルはゴルフじゃない!?他競技でも抜群のセンスを発揮した5選手

ズラタン・イブラヒモビッチ

イブラヒモビッチがテコンドーの黒帯を手にしたのが17歳のときだ。当時はアヤックス・アムステルダムでプレーしていた。ユベントス、インテル所属時もテコンドーを本格的に続けていたと言われている。イブラヒモビッチにテコンドーを教えていた師範は「サッカーと同じくらいテコンドーにも夢中だった。これだけの集中力があるのだから、サッカーでもここまでこれたのだろう」と語っている。

ベイルはゴルフじゃない!?他競技でも抜群のセンスを発揮した5選手

ロイ・キーン

キーンは子供のころからボクシングが大好きだったようだ。11歳のときにはボクサーをノックアウトしたとも言われている。キーンは英紙『ガーディアン』のインタビューに「ボクシングはこの世で一番面白いスポーツだ。2人の間の真剣勝負。勝利はすべて自分自身に懸っている」と語っている。なんともキーンらしいコメントだ。


あわせて読みたい

FOOTBALL TRIBEの記事をもっと見る 2019年7月18日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。