来季のバルサは人員過多?中盤は誰が先発するのか?!

来季のバルサは人員過多?中盤は誰が先発するのか?!

現在バルセロナは中盤のポジションに実に9名ものトップレベルの選手たちを揃えている。誰がレギュラーの座を掴むのか、非常に注目が集まっている。そこで今回は、スペイン紙『マルカ』で実施されていた読者アンケートの結果をご紹介したい。(集計は日本時間7/19時点)

来季のバルサは人員過多?中盤は誰が先発するのか?!

まずは9位から。読者投票で残念ながら最下位となったのが、ラフィーニャだ。エルネスト・バルベルデ監督から高評価を得ているが、長期離脱していたことから、来季はプレータイムを求めてスペインから離れる可能性も報じられている。

8位はセルジ・ロベルト。昨シーズンは何度か中盤で起用されているが、主戦場は右サイドバックになっている。それでも、バルセロナのサポーターは、ラフィーニャよりも評価が高いようだ。

7位はフィリペ・コウチーニョ。昨シーズン、中盤でのプレーは期待外れだったコウチーニョ。サポーターからも左サイドのウイングの候補者としてみられているだろう。

6位はカルレス・アレニャ。おそらく厚すぎる選手層の影響を最も受けている選手だろう。だが、若き逸材はバルセロナでこのまま成長することを望んでおり、サポーターもまた彼の飛躍を望んでいる。

来季のバルサは人員過多?中盤は誰が先発するのか?!

5位にはアルトゥーロ・ビダルが入った。昨シーズンの終盤はスタメンで出場を続けた。王道のバルセロナスタイルの選手ではないが、ばー監督からの評価はとても高い。サポーターからもまずまずの評価を得ている。

4位はイバン・ラキティッチ。クロアチア代表の一員としてワールドカップ決勝まで進出したにも関わらず、昨季はチームに欠かせない主力選手としてフル稼働してみせた。当然、サポーターからの評価も高い。バルベルデ監督は今季も依然として欠かせない戦力として計算しているとみられるが、今夏の移籍市場で移籍する可能性も報じられている。


あわせて読みたい

FOOTBALL TRIBEの記事をもっと見る 2019年7月19日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。