キエーザ、ユーベ移籍をフィオレンティーナ会長に直談判!?
拡大する(全1枚)
フィオレンティーナのフェデリコ・キエーザ 写真提供:Getty Images

 フィオレンティーナのイタリア代表FWフェデリコ・キエーザはフィオレンティーナ会長のロッコ・コミッソ氏にユベントスへの移籍を直談判するようだ。20日、イタリアメディア『カルチョ・メルカートコム』が報じている。

 セリエAで最も期待される新人の1人であるキエーザ。イタリア代表でも日に日に存在感を増しており、ビッグクラブ移籍が近いとされている。具体的な移籍先候補としては、ユベントスの名前が挙げられている。

 そのキエーザだが、ユベントスへの移籍をコミッソ会長に直談判するようだ。スポーツディレクター(SD)のダニエレ・プラデ氏とともに、ニューヨークで7月23日に3者で面談を行うとされている。

 フィオレンティーナとユベントスの関係性を考えると、キエーザがユベントスへ移籍すればサポーターからの批判は計り知れないだろう。中心選手という部分もあるが、コミッソ会長は、この点も考慮してキエーザの移籍にゴーサインを出せないでいると報じらている。

 果たして、今回の面談によりコミッソ会長の考えが変わることになるのだろうか。