過大評価…?実力以上の移籍金が発生したプレミアの選手たち

過大評価…?実力以上の移籍金が発生したプレミアの選手たち

移籍金バブルに拍車が掛かっている現在のサッカー界。プレミアリーグを筆頭に移籍金の高騰が止まらない。今回は、莫大な放映権料などで潤沢な資金を誇るプレミアリーグクラブが、移籍金を払い過ぎた選手たちをご紹介する。

過大評価…?実力以上の移籍金が発生したプレミアの選手たち

イスラム・スリマニ

獲得クラブ:レスター・シティ
移籍金:2900万ポンド(約42億4000万円)

2015/2016シーズンに奇跡の優勝を成し遂げたレスターはチャンピオンズリーグを戦うこともあり、翌シーズンを前にスリマニを2900万ポンドで獲得。しかし、46試合の出場で13ゴールにとどまり、現在もニューカッスル・ユナイテッドでローン生活を続けている。

過大評価…?実力以上の移籍金が発生したプレミアの選手たち

ムサ・シソコ

獲得クラブ:トッテナム・ホットスパー
移籍金:3000万ポンド(約44億9000万円)

ニューカッスルが2015/2016シーズンに降格すると、トッテナムはシソコを3000万ポンドで獲得。ユーロでの活躍を見ていただけに、トッテナムサポーターはクラブでの活躍にも期待した。しかし、移籍金に見合うだけの活躍を見せれてはいない。

過大評価…?実力以上の移籍金が発生したプレミアの選手たち

クリスティアン・ベンテケ

獲得クラブ:リバプール
移籍金:3250万ポンド(約47億5000万円)

マンチェスター・シティにラヒーム・スターリングが移籍。穴を埋める形でリバプールが獲得したのがベンテケだ。しかし、シーズンを通して41試合に出場したものの10ゴールに終わった。ユルゲン・クロップの構想からは外れ、クリスタル・パレスに売却されている。


あわせて読みたい

気になるキーワード

FOOTBALL TRIBEの記事をもっと見る 2019年7月22日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。