元バルサMFアルダ・トゥラン、懲役2年8ヶ月…

元バルサMFアルダ・トゥラン、懲役2年8ヶ月…
アルダ・トゥラン 写真提供: Gettyimages

 バルセロナからのレンタル移籍でイスタンブール・バシャクシェヒルに在籍しているトルコ代表MFアルダ・トゥランが懲役2年8ヶ月が言い渡されたようだ。11日、スペイン紙『マルカ』など複数メディアが伝えている。

 昨年10月に暴力、セクハラ、銃器不法所持、脅迫などの罪によって懲役12年6ヶ月が求刑されていたトゥラン。

 同選手はトルコで人気の歌手ベルカイ・シャヒンの妻に声をかけ、ベルカイとも揉み合いになった際、暴行し鼻骨骨折などの怪我を負わせた罪に問われていた。

 そして今回、最終的な裁判の結果が出たようで2年8カ月の懲役刑に減刑された。しかし、5年間の執行猶予がついたため、収監も免れる事となった

あわせて読みたい

FOOTBALL TRIBEの記事をもっと見る 2019年9月12日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。