CL歴代最年少得点記録、上位陣の選手たちの現在は?

CL歴代最年少得点記録、上位陣の選手たちの現在は?
写真提供: Gettyimages

 先日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)でバルセロナに所属するギニアビサウ人FWアンス・ファティがボルシア・ドルトムント戦に出場。同クラブ史上最年少でのCL出場を果たした。

 そんなファティは現在16歳。CL歴代最年少得点記録を更新する可能性を残している。そこで今回はCL歴代最年少得点記録の上位人の選手たちが記録を残した後、どれだけの成績を収めたのか振り返っていく。

CL歴代最年少得点記録、上位陣の選手たちの現在は?
写真提供: Gettyimages

5位 マーティン・クレイン(スパルタ・プラハ)

記録:17歳240日

2001/2002シーズンのCLグループステージパナシナイコス戦でゴールを決めたDFマーティン・クレイン。現在も彼の名を知る人は限られた人だけだろう。

CLで得点を決めた後、目立った活躍を見せることは出来ず、2009年にはチェコ代表に招集されたものの代表キャップは1試合のみ。またCLの出場はその年以来、遠ざかっている。

ちなみに現在も35歳になったクレインは現役を続けており、チェコ3部のラコブニークに所属している。

CL歴代最年少得点記録、上位陣の選手たちの現在は?
写真提供: Gettyimages

4位 セスク・ファブレガス(アーセナル)

記録:17歳218日

現在、モナコでプレーする元スペイン代表MFセスク。17歳218日でCL初得点を決めた後もアーセナル、バルセロナ、チェルシーで活躍。

スペイン代表としても2008年2012年のEURO大会や2010年のFIFAワールドカップ優勝に貢献した。


あわせて読みたい

FOOTBALL TRIBEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年9月23日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。