ラ・リーガ全クラブの給与上限額ランキング!

ラ・リーガ全クラブの給与上限額ランキング!
拡大する(全6枚)
写真提供: Gettyimages

 リーガ・エスパニョールのクラブには選手、監督、トレーナーなどの人件費の支出に制限がかかっており、各クラブごとに予算の上限が決められている。先月には日本代表FW岡崎慎司がマラガに加入したものの、この給料制限の関係でウエスカへ移籍することになった。

 そこで今回はラ・リーガ全クラブの給与上限額をランキング形式で紹介していく。

ラ・リーガ全クラブの給与上限額ランキング!
写真提供: Gettyimages

20位 マヨルカ
2997万ユーロ(約35億円)

19位 レアル・バリャドリード
3202万ユーロ(約37億円)

18位 グラナダ
3546万ユーロ(約42億円)

17位 オサスナ
3869万ユーロ(約45億円)

ラ・リーガ全クラブの給与上限額ランキング!
写真提供: Gettyimages

16位 エイバル
4712万ユーロ(約55億円)

15位 アラべス
4977万ユーロ(約58億円)

14位 レガネス
5208万ユーロ(約61億円)

13位 ヘタフェ
5628万ユーロ(約66億円)

ラ・リーガ全クラブの給与上限額ランキング!
写真提供: Gettyimages

12位 レバンテ
5660万ユーロ(約66億4000万円)

11位 セルタ・デ・ビーゴ
6212万ユーロ(約73億円)

10位 エスパニョール
6874万ユーロ(約81億円)

9位 レアル・ソシエダ
8114万ユーロ(約95億円)

ラ・リーガ全クラブの給与上限額ランキング!
写真提供:Getty Images

8位 レアル・ベティス
1億0035万ユーロ(約118億円)

7位 アスレティック・ビルバオ
1億0318万ユーロ(約121億円)

6位 ビジャレアル
1億0859万ユーロ(約127億円)

5位 バレンシア
1億7067万ユーロ(約200億円)

ラ・リーガ全クラブの給与上限額ランキング!
写真提供: Gettyimages

4位 セビージャ
1億8516万ユーロ(約217億円)

3位 アトレティコ・マドリード
3億4850万ユーロ(約408億円)

2位 レアル・マドリード
6億4105万ユーロ(約751億円)

1位 バルセロナ
6億7142万ユーロ(約787億円)

 

この記事の画像

「ラ・リーガ全クラブの給与上限額ランキング!」の画像1 「ラ・リーガ全クラブの給与上限額ランキング!」の画像2 「ラ・リーガ全クラブの給与上限額ランキング!」の画像3 「ラ・リーガ全クラブの給与上限額ランキング!」の画像4
「ラ・リーガ全クラブの給与上限額ランキング!」の画像5 「ラ・リーガ全クラブの給与上限額ランキング!」の画像6

当時の記事を読む

FOOTBALL TRIBEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「サッカー日本代表」に関する記事

「サッカー日本代表」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「サッカー日本代表」の記事

次に読みたい「サッカー日本代表」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年10月7日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。