アーセナルのオフェンス崩壊説。その真相とは?

アーセナルのオフェンス崩壊説。その真相とは?
写真提供: Gettyimages

著者:秕タクヲ

「説明できないことがあるのもフットボールの醍醐味なのだ」

これはペップ・グアルディオラが夏のインタビューで残したコメントだ。まさにその通り。あの理論派完璧主義であるカリスマも、スポーツに潜む魔物の存在を認知しているのだ。

しかし、昨今の技術革新によりその魔物の正体が暴かれつつある。あらゆる現象が映像化・数値化され、ビッグデータとして蓄積される体制がフットボールにおいても整ったからだ。「感覚で考える」時代はいつか終焉を迎えるのだろうか。

今回はそういったことを考えながらアーセナルの攻撃事情について語りたい。テーマは「オフェンス力をどう考えるか」である。結論、アーセナルのオフェンスは危機的状況であると考えている。おやおや、過去3シーズンリーグ戦70得点以上、今シーズンでは既に13得点と上々の結果ではないかと一見思われがちではあるが、実態はかなりマズいのではないかと嘆く識者も多い。その核心について触れていこう。

アーセナルのオフェンス崩壊説。その真相とは?
画像: 得点者構成比

【重度の依存体質】

上記は10/20時点のプレミアリーグ得点数上位7チームのスコアラー構成比である。チーム内最多得点選手を強調しているデータになるのだが、ピエール・エメリク・オーバメヤンがアーセナルの「54%」もの得点を叩き出していることがお分かりいただけるだろうか。

確かに9月のプレミアリーグ月間MVPに選出されるなど素晴らしいゴール活躍を見せているのだが、マンチェスター・シティやリバプール、チェルシーなどの相対的に考えると偏重したスコアラー構成が顕著である。裏を返せば、オーバメヤンしかゴールできないという印象を植え付け、彼一人への対策ができれば勝機ありと見る人が多い。昨シーズンからも時折オーバメヤンが試合にフィットしない試合はアーセナルは苦戦する傾向にあった。今シーズンはその対策としてニコラ・ぺぺを補強したが、PKによる1得点とオープンプレーからの得点はまだ達成できていない。柔らかいボールタッチからのチャンスメイクは絶妙だが、本人もゴールを渇望していることだろう。オーバメヤンを援護射撃するためにもまずはペペの奮起に期待したい。


あわせて読みたい

気になるキーワード

FOOTBALL TRIBEの記事をもっと見る 2019年10月21日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら