ACL決勝進出の浦和レッズ、2側面の戦い。逃げ切りと、栄光へ

ACL決勝進出の浦和レッズ、2側面の戦い。逃げ切りと、栄光へ
写真: @THEAFCCL

著者:クリシュナ・サドハナ(フットボール・トライブ・アジア)

「お見事」

AFCチャンピオンズリーグ(ACL)準決勝での浦和レッズを表す唯一の言葉だ。10月23日(水)に行われたのACL準決勝2ndレグで浦和は広州恒大淘宝足球倶楽部を1-0で破り(2戦合計3-0で)決勝への進出を決めた。この試合、大槻毅監督率いる浦和は広州のホームに乗り込んだ。広州は中国サッカー・スーパーリーグで深セン市足球倶楽部を2-3で破ってリーグでの首位をキープし、埼玉で行われた1stレグでの敗北のショックからは立ち直っていた。浦和は反対に、Jリーグ清水エスパルスを相手に1stレグからの勝利を続けたものの、大分トリニータにはまたしてもホームで敗戦し暗雲立ち込める最中だった。

浦和の国内での出来はショッキングなもので、大分戦の敗北によりJリーグでは12位となり、降格圏ゾーンまで4ポイントの状況。また、HondaFCにホームで負けを喫し天皇杯からも敗退しており、人々が浦和のACL準決勝1stレグでの勝利はまぐれだったと思うのは当然の流れだった。

人々の予測は外れた

しかしながら大陸大会では、浦和は全く異なる獣の様相を見せる。特に期待されていない時にこそ、相手をイラつかせて懲らしめる恐ろしいチームになる。まさにこれが彼らが広州戦で見せた姿になった。広州が試合を支配していくように見えたが、浦和は実践的であり続けた。広州に最大のチャンスが訪れたのは、前半アンデルソン・タリスカがシュートを放った時だ。これがポストに弾かれた。レフリーが前半終了の笛を吹くまで、浦和はストイックに攻め続けた。


あわせて読みたい

FOOTBALL TRIBEの記事をもっと見る 2019年10月27日のサッカー記事

\ みんなに教えてあげよう! /

「浦和レッズ + 遠藤 航」のおすすめ記事

「浦和レッズ + 遠藤 航」のおすすめ記事をもっと見る

「浦和レッズ + 阿部勇樹」のおすすめ記事

「浦和レッズ + 阿部勇樹」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「G大阪」のニュース

次に読みたい関連記事「G大阪」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。