ユニフォームに「ポピーの刺繍」が…一体なぜ?

ユニフォームに「ポピーの刺繍」が…一体なぜ?
ユニフォームにはポピーの花の刺繍が 写真提供:Gettyimages

 プレミアリーグは11月になると、ユニフォームに「ポピーの花」が着けられている。なぜなのか皆さんはご存じだろうか。プレミアリーグ公式サイトなどが伝えている。

 イギリスでは、11月11日は“Remembrance Day”(リメンバランスデー)という記念日であり、第1次世界大戦が終結した日であるからだ。第1次世界大戦の激戦区がポピーの花で有名な土地であることから、ポピーの花が「リメンバランスデーのシンボル」となり、プレミアリーグではこの時期にポピーの花をユニフォームに着けるのがお決まりとなっている。

 サッカーは平和と感謝のメッセージを国際的に発信する大きな役割を担っている。そう感じずにはいられない。

あわせて読みたい

FOOTBALL TRIBEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月4日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。