リッピ監督、中国代表指揮官辞任を表明…

リッピ監督、中国代表指揮官辞任を表明…
写真提供:Gettyimages

 中国代表のマルチェロ・リッピ監督がワールドカップカタール・アジア2次予選でシリア代表に1-2で敗れ、同国の監督を辞任することを表明した。14日、米メディア『WFED』が伝えている。

 現在、グループ2位の中国代表はシリア代表戦の敗戦で3位フィリピンと勝ち点「7」で並ばれてしまった。この結果を受けリッピ監督は「シリアは私たちより上手くプレーし、勝利に値する内容だった。私はこの損失に全責任を負い、公式に辞任を発表する」とコメントした。

 リッピ監督は2012年5月から中国の広州恒大で監督を務め、中国スーパーリーグ3連覇を達成。2013年にはAFCチャンピオンズリーグ(ACL)を制した。2016年10月から中国代表の指揮官に就任し、今年1月に行われたAFCアジアカップ終了後に一度は退任したが、後任のファビオ・カンナバーロ氏が2試合で辞任したことで、5月に再就任していた。

あわせて読みたい

FOOTBALL TRIBEの記事をもっと見る 2019年11月15日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。