東南アジア競技大会が開始!Jリーグで活躍する第2のチャナティップは誕生するか?

東南アジア競技大会が開始!Jリーグで活躍する第2のチャナティップは誕生するか?
拡大する(全1枚)
写真提供: SEA Games

 本日(2019年11月25日)からフィリピンで、東南アジアのU23代表が競い合う東南アジア競技大会(SEAゲームス)が開始された。

 名門のタイ代表とベトナム代表をはじめ、インドネシア代表、マレーシア代表、フィリピン代表、カンボジア代表、シンガポール代表、ブルネイ代表、ラオス代表、ミャンマー代表、そして東ティモール代表が参加している。

 本大会では代表チームがグループA(5チーム)とグループB(6チーム)に分けられ、とてもハードなスケジュールで進行される。

 クループAをリードしそうなのはマレーシア代表。それに続き、フィリピン代表とミャンマー代表がグループステージ2位を争う予想。

 グループBでは西野朗監督率いるタイ代表、そしてパク・ハンソ監督のベトナム代表が再び戦うことになる。両指導者はトップチームだけではなく、U23の指導者としても登録されており、ワールドカップ・アジア2次予選で引き分けに終わった勝負の延長戦を楽しむことができるだろう。

 年々驚異のスピードで成長している東南アジアの若手選手から、Jリーグに移籍して、第2のチャナティップ(北海道コンサドーレ札幌所属タイ代表FW)になる選手は誕生するだろうか。

東南アジア競技大会のスケジュール

2019年11月25日
マレーシア代表VSミャンマー代表(グループA)
フィリピン代表VSカンボジア代表(グループA)
ベトナム代表VSブルネイ代表(グループB)


編集部おすすめ

当時の記事を読む

FOOTBALL TRIBEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク