堂安律のPSV移籍取引に、フローニンゲン投資家らが怒り

堂安律のPSV移籍取引に、フローニンゲン投資家らが怒り
写真: @fcgroningen

 現在PSVアイントホーフェン所属の日本代表MF堂安律の移籍に関して、前所属クラブであるフローニンゲンの投資家たちが怒りを抱えているという。ベルギーの『soccernews.nl』が報じている。

 堂安は、2017年6月にガンバ大阪からフローニンゲンに期限付き移籍。2018年4月に完全移籍となった。堂安を完全移籍で獲得するためには200万ユーロ(約2.4億)が必要だったフローニンゲンだが、昔からいる投資家たちではなく新しい投資グループを探してお金を借りたという。新しい投資グループの条件は、堂安が別のクラブに移籍した場合に取引の利益の25%を支払うというものだった。

 その後、2019年8月28日に堂安はPSVアイントホーフェンに移籍した。その金額は750万ユーロ(約9億円)程とも報じられた。しかしながら疑問なのは、クラブがそこからどれほどを得たかである。前述の新しい投資グループの条件のこともあり、投資家たちに支払われたのは、ごくごくわずかだった。

 今になって当時新しい投資グループが使われたことを知った投資家たちは怒りを隠せず、下記のようにコメントしている。

「(堂安がフローニンゲン完全移籍の際に)もし社長のハンズ・ナイラントが私たちに相談していれば、もっと早く、そしてもっといい条件でお金を貸すことができたし、クラブにも利益が出たと思う。そして、その利益でチームをもっと強くできた」


あわせて読みたい

FOOTBALL TRIBEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「井手口陽介」のニュース

次に読みたい関連記事「井手口陽介」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「大津祐樹」のニュース

次に読みたい関連記事「大津祐樹」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「中島翔哉」のニュース

次に読みたい関連記事「中島翔哉」のニュースをもっと見る

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月29日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。