ユーベ、堂安律と韓国代表MFの獲得を検討!?
拡大する(全1枚)
堂安律 写真提供:AFC

 ユベントスはPSVアイントホーフェンの日本代表MF堂安律と、バレンシアの韓国代表MFイ・ガンインの獲得に興味を示しているようだ。イタリアメディア『カルチョメルカートウェブ』が報じている。

 前人未到のセリエA8連覇を達成し、チャンピオンズリーグ(CL)でも毎年のように決勝トーナメント進出を果たしているユベントス。どうやら同クラブは、東アジア史上にも参入し、より長期的な発展を目指しているようだ。その一環として堂安の獲得が検討されているという。

 ピッチ上での結果だけでなく、マーケティング面も重要視しているとされるユベントス。次なる目標は東アジア市場とみられており、堂安、イ・ガンインの日韓の若手スター選手を獲得することで、新たなファンの獲得を目指す方針だという。

 クラブ史上初のアジア人選手となる北朝鮮代表FWハン・グァンソンを獲得したユベントス。ただ、トップチームデビューは飾っていない。日本人がユベントス初のアジア人トップチームデビュー選手になる可能性も0ではなさそうだ。