独紙「原口は突然”トクテンシャ”に生まれ変わった」

独紙「原口は突然”トクテンシャ”に生まれ変わった」
写真提供: Gettyimages

 ハノーファーは7日、ブンデスリーガ2部アウエ戦で3-2で勝利した。日本代表MF原口元気はスターティングメンバーでフル出場。90分に勝ち越しゴールを記録し、チームに勝利をもたらした。そんな原口の活躍を9日、ドイツ紙『ビルド』が「原口が突然トクテンシャに」というタイトルで紹介している。

 同紙は、「原口はケナン・コジャク監督の下で開花した。2週間前にハノーファーでの初ゴールを記録してから、またもやゴールを記録した。トクテンシャとは日本語でストライカーの意味」とコメント。

 また、「とてもハッピーだよ。素晴らしい瞬間だよ。チームは良くなるだろう。自信をつけてるんだよ。まだまだよくなれることを願ってるよ」という原口の試合後のコメントを伝えた。

 コジャク監督は「私は原口と良くコミュニケーションをとっているよ。私たちはサッカー語を話すんだ。それが私たちには適してるんだよ」と冗談交じりにコメントした。コジャク監督は原口をサイドからCMFにコンバート。以降、原口は活躍を続けている。

あわせて読みたい

FOOTBALL TRIBEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月10日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。