ヴィッセル神戸がJの新たな支配者に?成功への土台となる天皇杯優勝

ヴィッセル神戸がJの新たな支配者に?成功への土台となる天皇杯優勝
写真提供: @TheAFCCL

著者:クリシュナ・サドハナ

新たに建設された新国立競技場で鹿島アントラーズを2-0で破り、2019年の天皇杯王者となったヴィッセル神戸。クラブ史初の獲得タイトルが天皇杯となった。これにより、アンドレス・イニエスタを含むスター軍団は2020AFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループステージ出場が決定している。

深紅と白がダイヤモンドパターンで配色された2020年のホームユニフォームを着て戦ったヴィッセル神戸。イニエスタ、トーマス・フェルメーレン、ルーカス・ポドルスキの世界的スター選手3名が先発で出場した。この試合が現役最後の試合となるダビド・ビジャはベンチからのスタートとなった。もちろん、日本人スター選手たちも先発に名を連ねた。西大伍と酒井高徳が最終ラインを引き締め、山口蛍が中盤に、そして古橋亨梧と藤本憲明が攻撃のポジションを担った。

イニエスタ中盤の要として機能し神戸は、すぐに試合の主導権を手にした。リーグ戦では上位の鹿島だが、この試合では無気力さが垣間見えた。神戸のプレッシャーに耐えることができず、18分にオウンゴールで敵に塩を送ってしまった。左サイドを急襲した酒井が相手DFと対峙。ポドルスキとスイッチし、同選手が角度のないところから放ったシュートは犬飼智也にあたってゴールに吸い込まれた。

その後迎えた28分、ポドルスキのシュートが再びネットを揺らす。しかし、これはオフサイドの判定が下されノーゴールに。ただ、神戸が待望の2点目を奪うのに時間はかからなかった。


あわせて読みたい

FOOTBALL TRIBEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「ヴィッセル神戸 + 移籍」のおすすめ記事

「ヴィッセル神戸 + 移籍」のおすすめ記事をもっと見る

「ヴィッセル神戸 + ルーカス・ポドルスキ」のおすすめ記事

「ヴィッセル神戸 + ルーカス・ポドルスキ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「横浜F・マリノス」のニュース

次に読みたい関連記事「横浜F・マリノス」のニュースをもっと見る

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月3日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. ヴィッセル神戸 イニエスタ
  2. ヴィッセル神戸 ルーカス・ポドルスキ
  3. ヴィッセル神戸 移籍

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。