吉田麻也の移籍を惜しむサウサンプトンのサポーターたち…
拡大する(全1枚)
吉田麻也 写真提供:Gettyimages

 サウサンプトンからサンプドリアにレンタルで移籍した日本代表DF吉田麻也。サウサンプトンのサポーターからは、同選手との(短期的な)別れを惜しむ声が多く挙がっている。

 2012年夏の移籍市場で、VVVフェンローからサウサンプトンに加入した吉田。毎年のようにライバル選手とのスタメン競争に勝利し、昨シーズンまで主力DFとしてチームを支えてきた。しかし、今シーズンは出場機会が激減。今冬の移籍市場で、サンプドリアへとシーズン狩猟時までレンタルで加入することが発表された。

 約7年半チームに在籍していることもあり、サポーターからも一定の人気を集めている吉田。同選手には、SNS上で以下のような(一時的な)退団を惜しむ声が寄せられている。

「君がいなくなるのが寂しいよ。ピッチ内外での、君のパフォーマンスに感謝するとともに、幸運を祈っているよ」

「お別れするのが寂しいよマヤ。君はいつだって、僕たちのためにベストを尽くしてくれた。君が表彰されなくて残念だ」

「幸運を祈っているよマヤ。君はトップのプロフェッショナルだし、真のクラブプレーヤーだ。未来が君にとって素晴らしいものになることを願っているよ」

 この他にも、吉田の退団を惜しむ声をSNS上で多数見つけることができる。サウサンプトンのサポーターから高く評価されている吉田は、サンプドリアでどのようなプレーを見せてくれるだろうか。