活躍不相応に年俸の低い5選手。え、これしか貰ってないの?

活躍不相応に年俸の低い5選手。え、これしか貰ってないの?
写真提供: Gettyimages

最前線で活躍するサッカー選手、特に欧州5大リーグでプレーする選手の年俸は1億円を超えるのが当たり前の時代となっている。スター選手と呼ばれる選手たちの年俸は10億円を優に超えている。

しかし、中には活躍の割に年俸が低い選手たちがいる。今回は、契約延長の際に年俸が急上昇しそうな5人の選手をご紹介する。

活躍不相応に年俸の低い5選手。え、これしか貰ってないの?
写真提供:Gettyimages

ジェイドン・サンチョ

クラブ:ボルシア・ドルトムント
週給:3万8000ポンド(約550万円)
年俸換算:197万6000ポンド(約2億8600万円)

19歳と超若手のサンチョは、ドイツの地で開花したイングランドの才能だ。昨シーズンに12ゴール14アシストを記録すると、今シーズンはリーグ戦21試合で13ゴール15アシストと、昨シーズンを上回る活躍を見せている。

しかしながら、同選手の週給は4万ポンドにもとどいていない。プレミアリーグクラブへの移籍が噂されているが、実現すれば年俸は倍以上になるだろう。

活躍不相応に年俸の低い5選手。え、これしか貰ってないの?
写真提供: Gettyimages

トレント・アレクサンダー=アーノルド

クラブ:リバプール
週給:4万ポンド(約580万円)
年俸換算:208万ポンド(約3億円)

現在のサッカー界において、最も攻撃力のあるサイドバックと言っても過言ではないアーノルド。リバプールでアシストを量産し、昨シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)優勝にも大きく貢献した。

そんなアーノルドだが、21歳とは言え活躍の割に年俸が低い。同世代でもジャンルイジ・ドンナルンマのような選手は倍以上の金額を受け取っている。次の契約では年俸が大幅に上がるはずだ。ちなみに、チームメイトのナサニエル・クラインの方が年俸が高い。


あわせて読みたい

FOOTBALL TRIBEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月23日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。