マンU、アーセナル、バイエルンのトリッソ獲得に興味か
拡大する(全1枚)
コランタン・トリッソ 写真提供: Gettyimages

 マンチェスター・ユナイテッドとアーセナルはバイエルン・ミュンヘンのフランス代表MFコランタン・トリッソの獲得に興味を示しているようだ。9日、英紙『デイリーメール』が報じている。

 トリッソは2017年にオリンピック・リヨンから移籍金3700ポンド(約50億円)でバイエルンへと加入。これまで公式戦68試合に出場し14ゴール12アシストを記録している。

 しかし、今シーズンはハンス・フリック監督の下で出場機会が減少。先発出場は7試合にとどまっていた。またバイエルンもトリッソの放出には前向きな姿勢を示しており、ユベントスやアトレティコ・マドリードといったクラブも興味を示しているようだ。

 はたして、出場機会を失いつつあるトリッソは新天地での新たな挑戦を選ぶのだろうか。