スペイン王者レアルから得点を奪った4人の日本人選手。海外経験のないJリーガーも

       
スペイン王者レアルから得点を奪った4人の日本人選手。海外経験のないJリーガーも

先日(2020年7月17日・日本時間)行われたラ・リーガ第37節。レアル・マドリードはビジャレアルを2-1で制すと、2019/20シーズンのスペイン王者となった。

これでロス・ ガラクティコス (レアル・マドリードの愛称)は34回目のリーガタイトル獲得となり、リーガ歴代優勝回数ランキング1位の座を守っている。(2位は26回でバルセロナ)

一方で、この最強のスペイン王者クラブを相手にゴールを奪った日本人選手が存在する。今回はその4人を紹介しよう。リストには海外経験のないJリーガーもいる。

スペイン王者レアルから得点を奪った4人の日本人選手。海外経験のないJリーガーも

柴崎 岳

2018年FIFAワールドカップで全試合に先発し、そのゲームビジョンや素晴らしいスルーパスで世界の注目を浴びたMF柴崎岳。2019年7月14日にスペイン2部のデポルティーボ・ラ・コルーニャと4年契約を結んでいるが、その前に在籍したヘタフェ(2017-2019)では、数回レアル・マドリードと対戦している。

ただし、柴崎がロス・ ガラクティコスからゴール奪ったのはスペインではない。鹿島アントラーズ在籍時(2011-2016)のことだった。

2016年12月18日、FIFAクラブワールドカップの決勝で、鹿島はマドリードと対戦。柴崎は2得点を挙げる素晴らしいパフォーマンスを見せた。しかし試合は、クリスティアーノ・ロナウドのハットトリック (3得点)で大逆転され、4-2の敗北に終わった。

柴崎のクラブワールドカップは準優勝で終わったが、同試合で見せた活躍によって、2017年1月31日にスペイン2部のテネリフェへの移籍が決まり、世界に羽ばたくことができている。


あわせて読みたい

FOOTBALL TRIBEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月18日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。