2020シーズンのガンバ大阪が躍進している4つの理由

       
2020シーズンのガンバ大阪が躍進している4つの理由

今シーズンのガンバ大阪は何かが違う。第9節時点勝ち点19で川崎フロンターレについで堂々の2位。過去2、3シーズンでは考えられないような立ち上がりにファンも興奮冷めやらないことだろう。

昨シーズン第9節時点で勝ち点7だったことからも確実にチームのパフォーマンスが向上していることは明白だ。もちろん今シーズンを挑むにあたり、様々な側面において昨シーズンとは異なる変化点をもたらしていると考える。ここからは今シーズンのガンバが昨シーズンと比較してどう変化したのかをご紹介したい。

2020シーズンのガンバ大阪が躍進している4つの理由

1. 抜本的な戦術変更

レヴィー・クルピ監督の不振に代わり宮本恒靖監督がガンバを率いて早2年。就任から昨シーズンまで一貫していたことは、リトリート型の守備とカウンターと言えるだろう。3バックと両ウイングバックの5人で最終ラインを形成して守り、奪ったボールをアデミウソンやファン・ウィジョの2トップに預けてカウンターを狙う戦術が印象的だった。

しかし、今はかつてのやり方とは異なる新たなスタイルを浸透させた。変化点は「ボールを奪おうとする位置」だ。自陣深いエリアからより相手ゴールに近いエリアへ奪いどころを高く設定していると分析する。前線からも高い位置からプレッシャーを与えて相手を混乱させ、高めで奪ってショートカウンターするなど新たな戦い方で挑んでいる。開幕節の横浜Fマリノス戦や大分トリニータ戦では前線のプレッシャーによってゴールに結び付け勝利を収めるなど効果が発揮されている。


あわせて読みたい

FOOTBALL TRIBEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「ガンバ大阪 + 遠藤保仁」のおすすめ記事

「ガンバ大阪 + 遠藤保仁」のおすすめ記事をもっと見る

「ガンバ大阪 + 倉田秋」のおすすめ記事

「ガンバ大阪 + 倉田秋」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「大宮アルディージャ」のニュース

次に読みたい関連記事「大宮アルディージャ」のニュースをもっと見る

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年8月13日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. ガンバ大阪 井手口陽介
  2. ガンバ大阪 倉田秋
  3. ガンバ大阪 宮本 恒靖

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。