バルサDFピケ、給与50%カットに合意…財政難のクラブを救う

バルサDFピケ、給与50%カットに合意…財政難のクラブを救う
       

 バルセロナのスペイン代表DFジェラール・ピケは給与の50%カットに合意したようだ。22日、スペインメディア『Sport』が報じている。

 同メディアによるとバルセロナは新型コロナウイルスの影響による財政難のためピケに対して今シーズンの給与50%カットを要求した模様。同選手はこの要求を受け入れたようだ。

 また、同メディアによるとフランス代表DFクレマン・ラングレ、ドイツ代表GKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲン、オランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングは給与の30%カットを受け入れたようだ。

 20日、バルセロナとの契約を2024年までの新契約にサインしたピケ。しかし、この契約にはピケが来シーズンに35%以上の試合に出場しなかった場合、バルセロナが契約を打ち切ることができるという条項が含まれている。はたしてピケはこれからもバルセロナの改革を支えることになるのだろうか。

あわせて読みたい

FOOTBALL TRIBEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月23日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。