兄弟サッカー選手、最高市場価値ランキングTOP20
拡大する(全21枚)

2020年9月にメジャーリーグサッカー(MLS)のインテル・マイアミへの入団が発表されたアルゼンチン人MFゴンサロ・イグアイン。翌月マイアミはゴンサロの実兄であるFWフェデリコ・イグアインのDCユナイテッドからの獲得も発表し、イグアイン兄弟は13年ぶりに同じクラブに在籍することとなった。

兄弟揃って厳しいサッカー界に挑戦している選手は数多くいる。父や親族など一家でプロサッカー選手というケースも少なくない。

今回は、話題のイグアイン兄弟もランクインする、サッカー選手2兄弟の最高移籍市場価値を比較したランキングTOP20を紹介しよう。『Transfermarkt』のデータより、各選手のキャリア中、最も高い移籍市場価格を2兄弟で足した数を検証したものだ(2020年10月時点)。

歴代で最も価値の高い兄弟サッカー選手は誰か。中には兄弟どちらか一方の数字がほとんどを占め、格差のあるケースもある。

兄弟サッカー選手、最高市場価値ランキングTOP20

20位:レスコット兄弟(イングランド)

兄弟合計最高移籍市場価格:約34億3,000万円(2,765万ユーロ)

ジョリオン・レスコット(弟):2009年エバートンからマンチェスター・シティーに移籍時の約34億1,700万円
アーロン・レスコット(兄):2000年アストン・ビラからシェフィールド・ウェンズデイに移籍時の約1,864万円

兄弟サッカー選手、最高市場価値ランキングTOP20

19位:キーン兄弟(イングランド)

兄弟合計最高移籍市場価格:約36億9,265万円(2,970万ユーロ)


この記事の画像

「兄弟サッカー選手、最高市場価値ランキングTOP20」の画像1 「兄弟サッカー選手、最高市場価値ランキングTOP20」の画像2 「兄弟サッカー選手、最高市場価値ランキングTOP20」の画像3 「兄弟サッカー選手、最高市場価値ランキングTOP20」の画像4
「兄弟サッカー選手、最高市場価値ランキングTOP20」の画像5 「兄弟サッカー選手、最高市場価値ランキングTOP20」の画像6 「兄弟サッカー選手、最高市場価値ランキングTOP20」の画像7 「兄弟サッカー選手、最高市場価値ランキングTOP20」の画像8
「兄弟サッカー選手、最高市場価値ランキングTOP20」の画像9 「兄弟サッカー選手、最高市場価値ランキングTOP20」の画像10 「兄弟サッカー選手、最高市場価値ランキングTOP20」の画像11 「兄弟サッカー選手、最高市場価値ランキングTOP20」の画像12
「兄弟サッカー選手、最高市場価値ランキングTOP20」の画像13 「兄弟サッカー選手、最高市場価値ランキングTOP20」の画像14 「兄弟サッカー選手、最高市場価値ランキングTOP20」の画像15 「兄弟サッカー選手、最高市場価値ランキングTOP20」の画像16
「兄弟サッカー選手、最高市場価値ランキングTOP20」の画像17 「兄弟サッカー選手、最高市場価値ランキングTOP20」の画像18 「兄弟サッカー選手、最高市場価値ランキングTOP20」の画像19 「兄弟サッカー選手、最高市場価値ランキングTOP20」の画像20
「兄弟サッカー選手、最高市場価値ランキングTOP20」の画像21