セレッソ大阪、北海道コンサドーレ札幌から進藤亮佑を完全移籍で獲得!

セレッソ大阪、北海道コンサドーレ札幌から進藤亮佑を完全移籍で獲得!
拡大する(全1枚)

 明治安田生命J1リーグのセレッソ大阪は21日、北海道コンサドーレ札幌から日本代表DF進藤亮佑が完全移籍で加入することを公式発表した。

 北海道札幌市出身の進藤亮佑はコンサドーレ札幌(現北海道コンサドーレ札幌)の下部組織から2014年にトップチーム昇格。2016シーズンにJ2リーグで23試合に出場すると、ミハイロ・ペトロヴィッチが指揮官に就任した2018年以降は積極的な攻撃参加や対人守備を評価され、出場機会が増加。また、2019年にはプロキャリアで初めて日本代表に選出されていた。

 同選手はセレッソ大阪に加わったことについて「セレッソ大阪に加入することになりました、進藤亮佑です。プレーで皆さんの心をつかみたいと思っています。応援してもらえるように頑張ります!」とクラブ公式サイトを通じて意気込みを語っている。

 一方、北海道コンサドーレ札幌に対しては「2020年シーズンをもってコンサドーレから離れる決断をしました。ユースから数えると9年間お世話になりました。すべてのコンサドーレファミリーに感謝しています。僕とコンサドーレの出会いは15年ほど前に遡ります。2-1で勝っていた89分から3点取られて敗れた試合を皆さんと同じ1人のサポーターとして観ていました。初めて札幌ドームに来たサッカー少年にとってはとてもショッキングな出来事でした。それでもコンサドーレにはどこか応援したくなる魅力がありました。そんなチームでプロサッカー選手として6年間もプレーできたことは何より嬉しいことです」


編集部おすすめ

当時の記事を読む

FOOTBALL TRIBEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「セレッソ大阪」に関する記事

「セレッソ大阪」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「セレッソ大阪」の記事

次に読みたい「セレッソ大阪」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク