日本代表DF長友佑都と酒井宏樹所属のマルセイユ、指揮官がナポリFWミリク獲得の可能性に…

日本代表DF長友佑都と酒井宏樹所属のマルセイユ、指揮官がナポリFWミリク獲得の可能性に…
       

 日本代表DF長友佑都とDF酒井宏樹が所属するオリンピック・マルセイユのアンドレ・ビラス・ボアス監督はナポリのポーランド代表FWアルカディウシュ・ミリクの獲得に動いていることを認めているようだ。15日、イタリアメディア『カルチョメルカート』が伝えている。

 ミリクの去就を巡っては、今夏にローマへの移籍間近に迫ったが破談に終わっていた。また、現行契約が2021年6月に満了を迎えるためナポリが契約期間の延長を打診したものの選手サイドがこれを拒否したため、今季はすべての公式戦でベンチから外れている。昨年12月中旬にはミリクの代理人とクラブ首脳陣が会談を行った模様。ナポリは1500万ユーロ(約19億円)以上のオファーが届いた場合に限り今冬での移籍を容認する姿勢を崩さない一方、ミリクは来夏に控えるEURO2020に出場するためにも来年1月での退団を強く望んでいるものとみられる。

 ミリクの去就を巡っては、今夏にフリーでの獲得を目指すユベントスが同選手の代理人と会談を行っている。また、昨年末にスペイン代表FWジエゴ・コスタの退団を発表したアトレティコ・マドリードがオファーを提示したものの、ナポリの要求額である1500万ユーロ(約19億円)に満たないことから却下されたと伝えられていた。

 そしてマルセイユもアトレティコと同様にオファーを却下されているが、依然としてミリク獲得にむけて交渉を継続している模様。アンドレ・ビラス・ボアス監督は16日に控えるニーム・オリンピック戦の前日記者会見においてミリクに関する質問に対して「我々は彼の所属しているクラブと議論を交わしている最中だ」と語っており、獲得の可能性が残っていることを明言した。

 

当時の記事を読む

FOOTBALL TRIBEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「サッカー日本代表」に関する記事

「サッカー日本代表」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「サッカー日本代表」の記事

次に読みたい「サッカー日本代表」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月16日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。