アタランタで指揮官と不仲のパプ・ゴメスに新たな移籍先候補が!今週末にもクラブ間交渉開始

アタランタで指揮官と不仲のパプ・ゴメスに新たな移籍先候補が!今週末にもクラブ間交渉開始

 アタランタのアルゼンチン代表FWアレハンドロ・ゴメスの去就について新たな動きが見られるようだ。15日、イタリアメディア『カルチョメルカート』が伝えている。

 アレハンドロ・ゴメスは昨季までクラブの躍進を中心選手として支えると、今季も11月までキャプテンを任されていた。しかし、昨年12月1日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ・グループステージ第5節のミッティラン戦で指揮官と口論に発展。以降はリーグ戦で先発メンバーに名を連ねることがなく、20日に行われた第13節・ローマ戦からリーグ戦5試合つづけてベンチ外となっており、今冬退団の可能性が高まっている。

 同選手の移籍先候補には当初、サウジアラビアのアル・ナスル、メジャーリーグサッカー(MLS)のFCシンシナティなどがあげられており、後者は3年契約でオファーを提示していたが、本人がベルガモ州近辺にとどまることを強く望んでいることから国外移籍の可能性は低いという見方が広まっている。

 また、イタリア国内の一部のメディアは、アレハンドロ・ゴメスはすでにインテルと年俸250万ユーロ(約3億1700万円)+ボーナス、2023年6月までの契約期間で基本合意に達したと報道。さらに先週にはフィオレンティーナが年俸400万ユーロ(約5億600万円)という条件でオファーを提示したものの、選手サイドはこれに興味を示していないと伝えられていた。

 その中、ローマのチアゴ・ピントSD(スポーツディレクター)は16日にもアタランタ首脳陣との会談を行い、アレハンドロ・ゴメスに関して議論を交わすようだ。アタランタが1500万ユーロ(約19億円)を下回るオファーについては却下する構えを見せる中、果たして交渉に進展は見られるのだろうか。

当時の記事を読む

FOOTBALL TRIBEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「欧州サッカー」に関する記事

「欧州サッカー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「欧州サッカー」の記事

次に読みたい「欧州サッカー」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月16日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。